1.人はいさ心も知らず古里は 花ぞ昔の香ににほひける

読手: 吉川 光和

2.いにしへの奈良の都の八重桜 今日九重に匂ひぬるかな

読手: 吉川 光和

3.花の色は移りにけりないたづらに 我が身世にふるながめせしまに

読手: 吉川 光和

4.春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

読手: 吉川 光和

5.夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ

読手: 和家 寛治

6.秋の田の仮庵の庵の苫をあらみ 我が衣手は露にぬれつつ

読手: 和家 寛治

7.秋風にたなびく雲の絶え間より もれ出づる月の影のさやけさ

読手: 和家 寛治

8.白露に風の吹きしく秋の野は 貫きとめぬ玉ぞ散りける

読手: 稲葉 修至

9.きりぎりすなくや霜夜のさむしろに 衣片敷き独りかも寝む

読手: 稲葉 修至

10.嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり

読手: 稲葉 修至

11.心当てに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花

読手: 廣本 幸紀

12.朝ぼらけ有明の月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪

読手: 廣本 幸紀

13.夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ

読手: 廣本 幸紀

14.めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月かな

読手: 楠田 倫之

15.天つ風雲の通ひ路吹き閉ぢよ をとめの姿しばし留めむ

読手: 楠田 倫之

16.大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

読手: 楠田 倫之

17.忍ぶれど色に出にけり我が恋は ものや思ふと人の問ふまで

読手: 山下 迪子

18.淡路島通ふ千鳥の鳴く声に 幾代寝覚めぬ須磨の関守

読手: 山下 迪子

19.風そよぐ楢の小川の夕ぐれは みそぎぞ夏のしるしなりける

読手: 山下 迪子

20.奥山に紅葉ふみ分けなく鹿の 声きく時ぞ秋は悲しき

読手: 山下 迪子

21.村雨の露もまだ干ぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮

読手: 五味 朋子

22.住の江の岸に寄る波よるさへや 夢の通ひ路人目よくらむ

読手: 五味 朋子

23.吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ

読手: 五味 朋子

24.寂しさに宿を立ち出でてながむれば いづくも同じ秋の夕暮

読手: 芹野 恵子

25.ほととぎす鳴きつる方を眺むれば  ただ有明の月ぞ残れる

読手: 芹野 恵子

26.瀬を早み岩にせかるる瀧川の われても末に逢むとぞ思ふ

読手: 芹野 恵子

27.月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身一つの秋にはあらねど

読手: 西田 好幸

28.田子の浦にうち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ

読手: 西田 好幸

29.わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよあまのつり舟

読手: 西田 好幸