製品紹介|ありあけ

HOME > 製品紹介 ありあけ > 決まり字五色二十人一首アプリ

決まり字五色二十人一首携帯アプリ

協力会社 株式会社大石天狗堂
読み手 全日本かるた協会  吉川光和専任読手
製作会社 株式会社マウビック
    
きまり字五色二十人一首アプリ製品紹介に戻る

■グループ分け一覧

  • Aグループ
  • Bグループ
  • Cグループ
  • Dグループ
  • Eグループ
Aグループ
グループ 歌番号 上の句 下の句 作者
A-1 87 村雨の 露もまだひぬ槙の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮 寂蓮法師
むらさめのつゆもまだひぬまきのはに きりたちのぼるあきのゆふぐれ 
A-2 18 住の江の 岸による浪よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ 藤原敏行朝臣
すみのえのきしによるなみよるさへや  ゆめのかよひぢひとめよくらむ 
A-3 57 廻り逢ひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし  夜半の月かな 紫式部
めくりあひてみしやそれともわかぬまに くもがくれにしよはのつきかな
A-4 77 瀬を早み  岩にせかるる  瀧川の われても末に  逢むとぞ思ふ 崇徳院
せをはやみいはにせかるるたきがはの  われてもすゑにあはむとぞおもふ 
A-5 65 恨み侘び ほさぬ袖だに  あるものを 恋に朽ちなむ  名こそ惜しけれ             相模
うらみわびほさぬそでだにあるものを  こひにくちなむなこそをしけれ
A-6 74 うかりける  人を初瀬の  山おろし はげしかれとは  祈らぬものを             源俊頼朝臣
うかりけるひとをはつせのやまおろし  はげしかれとはいのらぬものを
A-7 13 筑波嶺の  峰より落つる  みなの川  恋ぞつもりて  淵となりぬる                 陽成院
つくばねのみねよりおつるみなのがは  こひぞつもりてふちとなりぬる 
A-8 23 月見れば  千々に物こそ  悲しけれ わが身ひとつの  秋にはあらねど             大江千里
つきみればちぢにものこそかなしけれ  わがみひとつのあきにはあらねど 
A-9 40 忍ぶれど  色に出にけり  我が恋は ものや思ふと  人の問ふまで                 平兼盛
しのぶれどいろにいでにけりわがこひは ものやおもふとひとのとふまで
A-10 37 白露に  風の吹きしく  秋の野は つらぬきとめぬ  玉ぞ散りける                 文屋朝康
しらつゆにかぜのふきしくあきののは つらぬきとめぬたまぞちりける 
A-11 66 諸共に  あはれと思へ  山ざくら 花よりほかに  知る人もなし                   大僧正行尊
もろともにあはれとおもへやまざくら はなよりほかにしるひともなし
A-12 100 百敷や 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり 順徳院
ももしきやふるきのきばのしのぶにも なほあまりあるむかしなりけり 
A-13 46 由良の戸を  わたる舟人  楫を絶え 行方も知らぬ  恋の道かな                     曽根好忠
ゆらのとをわたるふなびとかぢをたえ  ゆくへもしらぬこひのみちかな
A-14 71 夕されば 門田の稲葉 おとづれて あしのまろやに 秋風ぞ吹ふく               大納言経信
ゆふさればかどたのいなばおとづれて  あしのまろやにあきかぜぞふく 
A-15 17 ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川  から紅に 水くくるとは 在原業平朝臣
ちはやぶるかみよもきかずたつたがは からくれなゐにみづくくるとは
A-16 42 契りきな かたみに袖を しぼりつつ  末の松山 浪こさじとは 清原元輔
ちぎりきなかたみにそでをしぼりつつ  すゑのまつやまなみこさじとは
A-17 75 契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋も去ぬめり 藤原基俊
ちぎりおきしさせもがつゆをいのちにて あはれことしのあきもいぬめり 
A-18 33 久方の 光のどけき 春の日に  しづごころなく 花の散るらむ  紀友則
ひさかたのひかりのどけきはるのひに しづごころなくはなのちるらむ
A-19 35 人はいさ 心もしらず ふるさとは     花ぞ昔の 香ににほひける 紀貫之
ひとはいさこころもしらずふるさとは はなぞむかしのかににほひける
A-20 99 人もをし 人もうらめし あぢきなく  世を思ふ故に もの思ふ身は 後烏羽院
ひともをしひともうらめしあぢきなく よをおもふゆゑにものおもふみは
ページトップ
ホームへ
株式会社マウビック
〒435-0056 静岡県浜松市東区小池町408
Tel.053-433-1238 Fax.053-433-4030