製品紹介|ありあけ

HOME > 製品紹介 ありあけ > 決まり字五色二十人一首アプリ

決まり字五色二十人一首携帯アプリ

協力会社 株式会社大石天狗堂
読み手 全日本かるた協会  吉川光和専任読手
製作会社 株式会社マウビック
    
きまり字五色二十人一首アプリ製品紹介に戻る

■グループ分け一覧

  • Aグループ
  • Bグループ
  • Cグループ
  • Dグループ
  • Eグループ
Dグループ
グループ 歌番号 上の句 下の句 作者
D-1 36 夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを  雲のいづこに 月宿るらむ 清原深養父
なつのよはまだよひながらあけぬるを くものいづこにつきやどるらむ
D-2 80 ながからむ 心も知らず 黒髪の みだれて今朝は ものをこそ思へ 待賢門院堀川
ながからむこころもしらずくろかみの  みだれてけさはものをこそおもへ
D-3 84 ながらへば また此の頃や しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき 藤原清輔朝臣
ながらへばまたこのごろやしのばれむ うしとみしよぞいまはこひしき
D-4 53 嘆きつつ 獨りぬる夜の 明くるまは いかに久しき ものとかは知る 右大将道綱母
なげきつつひとりぬるよのあくるまは いかにひさしきものとかはしる
D-5 86 嘆けとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな  西行法師
なげけとてつきやはものをおもはする  かこちがほなるわがなみだかな
D-6 25 名にしおはば 逢坂山の さねかづら  人にしられで くるよしもがな  三條右大臣
なにしおはばあふさかやまのさねかづら  ひとにしられでくるよしもがな
D-7 88 難波江の あしのかりねの 一夜ゆゑ  みをつくしてや 恋ひわたるべき 皇嘉門院別当
なにはえのあしのかりねのひとよゆゑ  みをつくしてやこひわたるべき
D-8 19 難波潟 短き葦の ふしのまも あはで此の世を すぐしてよとや 伊勢
なにはがたみじかきあしのふしのまも あはでこのよをすぐしてよとや 
D-9 51 かくとだに えやはいぶきの さしも草  さしも知らじな もゆる思ひを 藤原実方朝臣
かくとだにえやはいぶきのさしもぐさ  さしもしらじなもゆるおもひを
D-10 6 かさゝぎの 渡せる橋に おく霜の  しろきを見れば 夜ぞふけにける  中納言家持
かささぎのわたせるはしにおくしもの  しろきをみればよぞふけにける
D-11 98 風そよぐ 楢の小川の夕ぐれは みそぎぞ夏の しるしなりける 従ニ位家隆
かぜそよぐならのをがはのゆふぐれは みそぎぞなつのしるしなりける
D-12 48 風をいたみ 岩うつ浪の おのれのみ 砕けてものを 思ふ頃かな 源重之
かぜをいたみいはうつなみのおのれのみ  くだけてものをおもふころかな
D-13 47 八重葎 しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋はきにけり  恵慶法師
やへむぐらしげれるやどのさびしきに ひとこそみえねあきはきにけり
D-14 59 やすらはで 寝なましものを 小夜更けて  傾くまでの 月を見しかな 赤染衛門
やすらはでねなましものをさよふけて かたぶくまでのつきをみしかな
D-15 28 山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば  源宗干朝臣
やまざとはふゆぞさびしさまさりける ひとめもくさもかれぬとおもへば
D-16 32 山がはに 風のかけたる しがらみは  流れもあへぬ 紅葉なりけり  春道列樹
やまがはにかぜのかけたるしがらみは ながれもあへぬもみぢなりけり
D-17 62 夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも 世に逢坂の 関はゆるさじ 清少納言
よをこめてとりのそらねははかるとも  よにあふさかのせきはゆるさじ 
D-18 85 夜もすがら もの思ふ頃は 明けやらで ねやのひまさへ つれなかりけり 俊恵法師
よもすがらものおもふころはあけやらで  ねやのひまさへつれなかりけり
D-19 83 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る  山の奥にも 鹿ぞなくなる 皇太后宮大夫俊成
よのなかよみちこそなけれおもひいる やまのおくにもしかぞなくなる
D-20 93 世の中は 常にもがもな 渚こぐ 海士の小舟の 綱手かなしも 鎌倉右大臣
よのなかはつねにもがもななぎさこぐ あまのをぶねのつなでかなしも
ページトップ
ホームへ
株式会社マウビック
〒435-0056 静岡県浜松市東区小池町408
Tel.053-433-1238 Fax.053-433-4030