製品紹介|ありあけ

HOME > 製品紹介 ありあけ > 決まり字五色二十人一首アプリ

決まり字五色二十人一首携帯アプリ

協力会社 株式会社大石天狗堂
読み手 全日本かるた協会  吉川光和専任読手
製作会社 株式会社マウビック
    
きまり字五色二十人一首アプリ製品紹介に戻る

■グループ分け一覧

  • Aグループ
  • Bグループ
  • Cグループ
  • Dグループ
  • Eグループ
Eグループ
グループ 歌番号 上の句 下の句 作者
E-1 43 逢ひみての 後の心に くらぶれば  昔はものを 思はざりけり  権中納言敦忠
あひみてののちのこころにくらぶれば むかしはものをおもはざりけり
E-2 3 足引きの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかもねむ 柿本人麿
あしびきのやまどりのをのしだりをの ながながしよをひとりかもねむ
E-3 52 明けぬれば くるるものとは 知りながら  なほ恨めしき 朝ぼらけかな 藤原道信朝臣
あけぬればくるるものとはしりながら なほうらめしきあさぼらけかな
E-4 1 秋の田の かりほの庵の とまをあらみ  わが衣手は 露にぬれつつ  天智天皇
あきのたのかりほのいほのとまをあらみ わがころもではつゆにぬれつつ 
E-5 79 秋風に たなびく雲の 絶間より もれ出づる月の 影のさやけさ 左京大夫顕輔
あきかぜにたなびくくものたえまより もれいづるつきのかげのさやけさ
E-6 7 天の原 ふりさけ見れば 春日なる  みかさの山に 出でし月かも  安倍仲麻呂
あまのはらふりさけみればかすがなる みかさのやまにいでしつきかも 
E-7 12 天つ風 雲のかよひぢ 吹きとぢよ  をとめの姿 しばし留めむ 僧正遍昭
あまつかぜくものかよひぢふきとぢよ をとめのすがたしばしとどめむ 
E-8 39 浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど  あまりてなどか 人の恋しき 参議等
あさぢふのをののしのはらしのぶれど あまりてなどかひとのこひしき
E-9 30 有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし   壬生忠岑
ありあけのつれなくみえしわかれより あかつきばかりうきものはなし 
E-10 58 有馬山 ゐなのささ原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする 大貳三位
ありまやまゐなのささはらかぜふけば いでそよひとをわすれやはする
E-11 78 淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に いくよ寝覚めぬ 須磨の関守 源兼昌
あはぢしまかよふちどりのなくこゑに いくよねざめぬすまのせきもり
E-12 45 哀れとも いふべき人は おもほえで  身のいたづらに なりぬべきかな  謙徳公
あはれともいふべきひとはおもほえで みのいたづらになりぬべきかな
E-13 69 嵐ふく 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり 能因法師
あらしふくみむろのやまのもみぢばは たつたのかはのにしきなりけり 
E-14 56 あらざらむ 此の世のほかの 思ひ出に 今一たびの逢ふこともがな 和泉式部
あらざらむこのよのほかのおもひでに いまひとたびのあふこともがな
E-15 31 朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに  吉野の里に 降れる白雪 坂上是則
あさぼらけありあけのつきとみるまでに よしののさとにふれるしらゆき
E-16 64 朝ぼらけ 宇治の川霧 絶えだえに あらはれ渡る 瀬々の網代木 権中納言定頼
あさほらけうちのかはきりたえたえ あらはれわたるせぜのあじろぎ
E-17 2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 持統天皇
はるすぎてなつきにけらししろたへの ころもほすてふあまのかぐやま
E-18 67 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に  かひなく立たむ 名こそ惜オしけれ 周防内侍
はるのよのゆめばかりなるたまくらに かひなくたたむなこそをしけれ
E-19 9 花の色は 移りにけりな 徒に  我が身世にふる ながめせしまに 小野小町
はなのいろはうつりにけりないたづらに わがみよにふるながめせしまに
E-20 96 花さそふ あらしの庭の 雪ならで  ふりゆくものは 我が身なりけり 入道前太政大臣
はなさそふあらしのにはのゆきならで ふりゆくものはわがみなりけり 
ページトップ
ホームへ
株式会社マウビック
〒435-0056 静岡県浜松市東区小池町408
Tel.053-433-1238 Fax.053-433-4030