製品紹介|ありあけ

HOME > 製品紹介 ありあけ > 決まり字五色二十人一首アプリ

決まり字五色二十人一首携帯アプリ

協力会社 株式会社大石天狗堂
読み手 全日本かるた協会  吉川光和専任読手
製作会社 株式会社マウビック
    
きまり字五色二十人一首アプリ製品紹介に戻る

■グループ分け一覧

  • Aグループ
  • Bグループ
  • Cグループ
  • Dグループ
  • Eグループ
Bグループ
グループ 歌番号 上の句 下の句 作者
B-1 61 古への 奈良の都の 八重ざくら 今日九重に 匂ひぬるかな 伊勢大輔
いにしへのならのみやこのやへざくら けふここのへににほひぬるかな 
B-2 21 今来むと  いひしばかりに  長月の 有明の月を  待ち出でつるかな
素性法師
いまこむといひしばかりにながつきの ありあけのつきをまちいでつるかな
B-3 63 今はただ  思ひ絶えなむ  とばかりを 人づてならで  言ふよしもがな
左京大夫道雅
いまはただおもひたえなむとばかりを ひとづてならでいふよしもがな
B-4 4 田子の浦に 打ち出でて見みれば 白妙の    ふじの高嶺に 雪は降りつつ 山部赤人
たごのうらにうちいでてみればしろたへの  ふじのたかねにゆきはふりつつ 
B-5 89 玉の緒よ  たえなば絶えね  ながらへば   忍ぶることの 弱りもぞする 式子内親王
たまのをよたえなばたえねながらへば  しのぶることのよはりもぞする 
B-6 34 誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに 藤原興風
たれをかもしるひとにせむたかさごの  まつもむかしのともならなくに 
B-7 55 瀧の音は たえて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ  大納言公任
たきのおとはたえてひさしくなりぬれど  なこそながれてなほきこえけれ 
B-8 16 立ち別れ いなばの山の 嶺におふる まつとし聞かば 今帰り来こむ 中納言行平
たちわかれいなばのやまのみねにおふる  まつとしきかばいまかへりこむ 
B-9 73 高砂の 尾の上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ 権中納言匡房
たかさごのをのへのさくらさきにけり   とやまのかすみたたずもあらなむ
B-10 14 陸奥の しのぶもぢずり 誰故に  みだれ初めにし 我ならなくに 河原左大臣
みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに みだれそめにしわれならなくに 
B-11 90 見せばやな 雄島のあまの 袖だにも  濡れにぞ濡れし色はかはらず 殷富門院大輔
みせばやなをじまのあまのそでだにも ぬれにぞぬれしいろはかはらず
B-12 94 みよし野の 山の秋風 小夜更けて 故郷寒く 衣うつなり 参議雅経
みよしののやまのあきかぜさよふけて  ふるさとさむくころもうつなり 
B-13 49 御垣守  衛士のたく火の  夜はもえ 昼は消えつつ  ものをこそ思へ  大中臣能宣朝臣
みかきもりゑじのたくひのよるはもえ  ひるはきえつつものをこそおもへ 
B-14 27 みかの原 わきて流るる 泉川 いつみきとてか 恋しかるらむ 中納言兼輔
みかのはらわきてながるるいづみがは いつみきとてかこひしかるらむ
B-15 41 恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり  人知れずこそ 思ひそめしか 壬生忠見
こひすてふわがなはまだきたちにけり ひとしれずこそおもひそめしか 
B-16 10 これや此の 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 蝉丸
これやこのゆくもかへるもわかれては しるもしらぬもあふさかのせき
B-17 97 来ぬ人を 松帆の浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ 権中納言定家
こぬひとをまつほのうらのゆふなぎに やくやもしほのみもこがれつつ
B-18 24 此の度は 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに  菅家
このたびはぬさもとりあへずたむけやま もみぢのにしきかみのまにまに
B-19 29 心あてに 折らばや折らむ 初霜の  置きまどはせる 白菊の花 凡河内躬恒
こころあてにをらばやをらむはつしもの おきまどはせるしらぎくのはな 
B-20 68 心にも あらで憂世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな 三條院
こころにもあらでうきよにながらへば  こひしかるべきよはのつきかな
ページトップ
ホームへ
株式会社マウビック
〒435-0056 静岡県浜松市東区小池町408
Tel.053-433-1238 Fax.053-433-4030