製品紹介|ありあけ

HOME > 製品紹介 ありあけ > 決まり字五色二十人一首アプリ

決まり字五色二十人一首携帯アプリ

協力会社 株式会社大石天狗堂
読み手 全日本かるた協会  吉川光和専任読手
製作会社 株式会社マウビック
    
きまり字五色二十人一首アプリ製品紹介に戻る

■グループ分け一覧

  • Aグループ
  • Bグループ
  • Cグループ
  • Dグループ
  • Eグループ
Cグループ
グループ 歌番号 上の句 下の句 作者
C-1 22 吹くからに 秋の草木の しをるれば  むべ山風を あらしといふらむ 文屋康秀
ふくからにあきのくさきのしをるれば むべやまかぜをあらしといふらむ 
C-2 70 寂しさに 宿を立ち出でて 眺むれば いづこも同じ 秋の夕暮ユウグ 良暹法師
さびしさにやどをたちいでてながむれば いづこもおなじあきのゆふぐれ 
C-3 81 ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明の 月ぞ残れる 後徳大寺左大臣
ほととぎすなきつるかたをながむれば ただありあけのつきぞのこれる
C-4 91  きりぎりす なくや霜夜の さむしろに  衣かたしき ひとりかも寝む  後京極摂政前太政大臣
きりぎりすなくやしもよのさむしろに ころもかたしきひとりかもねむ
C-5 15 君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ  光孝天皇
きみがためはるののにいでてわかなつむ わがころもでにゆきはふりつつ
C-6 50 君がため 惜しからざりし 命さへ  長くもがなと 思ひけるかな 藤原義孝
きみがためをしからざりしいのちさへ ながくもかなとおもひけるかな
C-7 5 奥山に 紅葉ふみ分け なく鹿の  声きく時ぞ 秋は悲しき 猿丸大夫
おくやまにもみぢふみわけなくしかの こゑきくときぞあきはかなしき 
C-8 26 小倉山 峯のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ 貞信公
をぐらやまみねのもみぢばこころあらば いまひとたびのみゆきまたなむ
C-9 72 音に聞く 高師の浜の あだ浪は かけじや袖の ぬれもこそすれ 祐子内親王家紀伊
おとにきくたかしのはまのあだなみは かけじやそでのぬれもこそすれ
C-10 82 思ひわび さても命は あるものを  憂きに堪へぬは 涙なりけり 道因法師
おもひわびさてもいのちはあるものを うきにたへぬはなみだなりけり 
C-11 95 おほけなく うき世の民に おほふかな  我が立つ杣に 墨染の袖 前大僧正慈圓
おほけなくうきよのたみにおほふかな わがたつそまにすみぞめのそで 
C-12 60 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立 小式部内侍
おほえやまいくののみちのとほければ まだふみもみずあまのはしだて
C-13 44 逢ふことの 絶えてしなくば なかなかに  人をも身をも 恨みざらまし  中納言朝忠
あふことのたえてしなくばなかなかに ひとをもみをもうらみざらまし
C-14 20 侘びぬれば 今はた同じ 難波なる 身をつくしても 逢はむとぞ思ふ 元良親王
わびぬればいまはたおなじなにはなる みをつくしてもあはむとぞおもふ 
C-15 38 忘らるる 身をば思はず 誓ひてし  人の命の 惜しくもあるかな 右近
わすらるるみをばおもはずちかひてし  ひとのいのちのをしくもあるかな
C-16 54 忘れじの 行末までは 難ければ 今日を限りの 命ともがな  儀同三司母
わすれじのゆくすゑまではかたければ けふをかぎりのいのちともがな 
C-17 8 わが庵は  都のたつみ  しかぞ住む 世をうぢ山と  人はいふなり 喜撰法師
わがいほはみやこのたつみしかぞすむ よをうぢやまとひとはいふなり
C-18 92 わが袖は 汐干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし ニ條院讃岐
わがそではしほひにみえぬおきのいしの ひとこそしらねかわくまもなし
C-19 11 わたの原 八十島かけて 漕き出でぬと  人にはつげよ あまの釣舟 参議 遽舀
わたのはらやそしまかけてこぎいでぬと ひとにはつげよあまのつりぶね
C-20 76 わたの原 漕ぎ出でて見れば 久方の 雲居にまがふ 沖つ白波 法性寺入道前関白太政大臣
わたのはらこぎいでてみればひさかたの くもゐにまがふおきつしらなみ
ページトップ
ホームへ
株式会社マウビック
〒435-0056 静岡県浜松市東区小池町408
Tel.053-433-1238 Fax.053-433-4030